忍者ブログ
一方的な情報発信、復帰した少林寺拳法、ごく小規模な全国物産展情報など。2010年は股割りに挑戦中。
2018 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09    2018/10    11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    最新記事
    最新コメント
    (返信済みのコメントにはアイコンがつきます)
    (06/24 アキ)
    (11/28 まっち君)
    (09/27 まっち君)
    (09/18 アベアキ)
    (09/09 アベアキ)
    プロフィール
    HN  : みそ
    性別 : 女性
    職業 : ハムスター
    自己紹介 :
    仙台市内を中心に、営業的なお仕事をしているらしい、いわゆるアラサー。

    2009年、約8年のブランクを経て少林寺拳法へ復帰。

    毎日のたゆまぬストレッチで身体は学生時代以上に柔らかくなったものの、それが蹴り技術の向上にはつながらず、ガッカリ中。

    筋肉痛は翌日にくるけど、午後。

    「2011年は昇段したい」とか言っちゃったんで、周りを巻き込みつつがんばってみたいと思います。
    ブログ内検索
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    世の中には2種類の車があります

    給油口が左の車と、右の車です。

    私の愛車、世界のホンダによるスーパーエココンパクトカー・フィットは左の車なのですが、

    行きつけのGSはいつも左用がいっぱいなんです


    しょうがないから前の車の後ろに並んで・・・もいいのですが、

    がんばれば右用でも入れられるんです

    車をできるだけノズルに寄せて、後端がノズルの前にくるように停車しましょう。

    ノズルを後ろから回せば、給油口が後ろにある軽~コンパクトカーならたいてい届きます。

    届かなかったらごめんなさい。

    おとなしく並んでください。


    ガソリン価格の高騰+セルフによる自主性任せで、

    GSは殺伐となるばかりです

    いつケンカが始まってもおかしくない


    そこで、左右どちらでも給油できるスキルを身につけた人(バイリンガル)が増えれば、

    世界はより平和になるよ、ということを提唱してみました

    反対だから給油できない、なんて決めつけないで、

    もっと自由に給油しましょう


    まぁ、何が言いたかったのかというと、

    左用の割合をもっと増やしてください、ということです。

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    GSについて
    GS(グループサウンズ)全盛の頃は、世界ではビートルズがLOVE&PEACEであり、
    みんなポールに憧れて左でギターやベースを弾いたものです

    頑張れば左でも弾けるんです!

    的な話でよろしいでしょうか?
    まっち君 2010/04/08(Thu) 22:30/
    そうだよ!
    がんばって左でギター弾けるようになって、
    ポールのパートを完全制覇したら、
    それがビートルズとしてのGS(グランドスラム)だから、
    みんなで平和目指してがんばろうね、
    的な話で大丈夫です
    みそ 2010/04/08(Thu) 23:19
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    キリン メッツ HOME 飛受身について
    Copyright © みそろぐ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]