忍者ブログ
一方的な情報発信、復帰した少林寺拳法、ごく小規模な全国物産展情報など。2010年は股割りに挑戦中。
2018 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04    2018/05    06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    最新記事
    最新コメント
    (返信済みのコメントにはアイコンがつきます)
    (06/24 アキ)
    (11/28 まっち君)
    (09/27 まっち君)
    (09/18 アベアキ)
    (09/09 アベアキ)
    プロフィール
    HN  : みそ
    性別 : 女性
    職業 : ハムスター
    自己紹介 :
    仙台市内を中心に、営業的なお仕事をしているらしい、いわゆるアラサー。

    2009年、約8年のブランクを経て少林寺拳法へ復帰。

    毎日のたゆまぬストレッチで身体は学生時代以上に柔らかくなったものの、それが蹴り技術の向上にはつながらず、ガッカリ中。

    筋肉痛は翌日にくるけど、午後。

    「2011年は昇段したい」とか言っちゃったんで、周りを巻き込みつつがんばってみたいと思います。
    ブログ内検索
    バーコード
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    飛受身について何かをつかんだようなので、

    忘れないうちにメモしておきましょう


    ①あごを引く
      →「へそを見る」とも。頭を少しでも地面から離して守ります。

    ②頭が下がるのと同時に、先に着地するほうの足(振り出す足)を速く振り上げる
      →自分の後頭部をかかとで蹴る感じ?

    ③背中をそらす
      →触れてはいけないものを地面に撒かれてしまったイメージで

    ④後から着地するほうの足(踏み切る足)を速く振上げて速く着地
      →これが遅いと、途中で失速して腰を打つようです。

    ⑤着地は前足底で
      →かかとは良くないです。踏み込みまくる剣道でも、かかとは痛めがちな部位です。


    飛受身というのは、要するに「足から着地する受身」ですから、

    それぞれの足の使い方がポイントかと思われます。

    左右の得手不得手は、利き足の問題のような気がしました。

    このへんは、キム・ヨナばりの練習量で克服するしかないでしょう


    ところで前・後受身の練習には布団が適していますが、

    飛受身の練習にはベッドがGOODです


    以上、飛受身に関する備忘録でしたが、

    よほどの緊急事態でない限り、

    家で受身の練習をするのはやめましょう


    受身の練習は道場で

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    その通り!
    道場でやりましょう

    やわらかい物の上で受身をすることに慣れてしまうと、
    打ってはいけない所を打ってしまっても気付かずに
    いざという時に危ない気がするのです

    そしてベッドが壊れてしまわないかも心配してしまいますね
    まっち君 2010/04/04(Sun) 22:30/
    そーだよね~
    できたような気がしたけど、
    やっぱりできてないのかも

    1週間に1度回ってくる、あのクッション性のない会議室が道場のときにやってみないとね
    みそ 2010/04/04(Sun) 23:46
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    LOVE & GS HOME 友人の結婚式
    Copyright © みそろぐ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]